シェイプアップ乳酸菌 ピロリ菌

ピロリ菌に効くってホント?どんな効果があるのか調べてみた。

シェイプアップ乳酸菌,ピロリ菌

シェイプアップ乳酸菌には300億個の乳酸菌が含まれていますが、ピロリ菌はLG21という乳酸菌で除菌が可能です。シェイプアップ乳酸菌はピロリ菌にどのような効果をもたらすでしょうか?

 

 

シェイプアップ乳酸菌、ピロリ菌の成分についてご紹介します。

 

 

ピロリ菌とは胃の中を好んで住みつくせん形をした悪い菌で、慢性胃炎や胃潰瘍といった、胃や十二指腸の病気と大きな原因のひとつです。胃の中は強い酸性ですが、その胃の出口にあたる「幽門=ピロルス」にちなんで、ピロリ菌という名前になっており、胃の壁を傷つける細菌です。

 

 

ピロリ菌に一度感染すると、ほとんどの場合ば除菌しない限り胃の中に住み続けます。ピロリ菌に大人になってから感染すると、激しい胃の痛みなど症状がでたりしますが、こどもの頃に感染した時点では、ほとんどの人が症状はありません。

 

 

ピロリ菌が胃の病気の主な原因であり、・胃潰瘍・慢性胃炎・十二指腸潰瘍を誘発したり、その他に・胃MALTリンパ腫、といった病気にかかりやすくなります。また胃がんになる確率はピロリ菌によって20倍以上跳ね上がります。

 

 

世の中にはさまざまな乳酸菌が存在します。シェイプアップ乳酸菌にもさまざまな乳酸菌が含まれます。

 

 

ピロリ菌を除菌できる乳酸菌は限られていまして、LG21もそのなかの1種類です。このピロリ菌を除菌できるLG21という乳酸菌は、カゼイ菌やブルガリア菌も含まれている「ラクトバシルス属」に属する乳酸菌です。

 

 

このLG21を含むラクトバシルス属の乳酸菌は、ピロリ菌の繁殖に必要な居住空間や栄養を奪うことができる乳酸菌で、栄養や居住空間を奪われたピロリ菌は死滅していきます。

シェイプアップ乳酸菌,ピロリ菌

 

胃酸に強いピロリ菌ですが、LG21が出す乳酸には特に弱いのです。またピロリ菌の動きを止めるのに「梅干し」が有効であるとの研究結果もあります。

 

 

梅干しは主に・タンパク質・リン・カルシウム・有機酸・鉄分・ビタミン・脂質、などを含み、古くから健康食品として期待されていました。「腹部症状を和らげる効果がある」と言われていた梅干しに、抗ピロリ菌作用が新たに発見されたのです。

 

 

ハチミツのなかにも「ピロリ菌」を抑制する成分が発見されています。殺菌と消炎作用があるハチミツは、口内炎の治療や患部の消毒にも利用できるので、医薬品としても販売しています。

 

 

ピロリ菌の抑制効果が期待できるハチミツ種類は、マヌカというニュージーランドに自生している野生植物で、マヌカの花粉がピロリ菌の減少に期待できます。

 

 

マヌカとはニュージ―ランドの原住民である「マオリ人」が薬草として活用しており、このマヌカから採れる「マヌカハニー」というはちみつが、ピロリ菌の抑制効果をもつことがわかっています。

 

 

このように「梅干し」や「はちみつ」といった食べ物のほか、治療薬でピロリ菌を除菌できることもわかっています。

 

 

ピロリ菌を除菌する治療薬として日本では「ランサップ」という薬を服用しますが、もしランサップに耐性をもっていて効果がみえなかった場合は、メトロニダゾールなどの抗生物質に置き換えるなどして、除菌率を上げていきます。

 

 

シェイプアップ乳酸菌もピロリ菌を除菌するサプリとして、効果が期待できます。

 

 

毎日飲み続けることが重要ですので、ぜひお試しください。

 

 

>>シェイプアップ乳酸菌の詳細はコチラから


関連ページ

シェイプアップ乳酸菌を飲んでも痩せない?
シェイプアップ乳酸菌は飲んでも痩せないって?なぜシェイプアップ乳酸菌で痩せないのかを解説いたしております。
便秘改善に期待できる?
シェイプアップ乳酸菌は便秘解消にも期待ができるのでしょうか?シェイプアップ乳酸菌と便秘の関係をここではご紹介しておりますので参考にしてみて下さい。
口臭との関係性
シェイプアップ乳酸菌は口臭予防にも期待できるのでしょうか?シェイプアップ乳酸菌と口臭の関係性をご紹介しておりますのでご参考になさってください。
過敏性腸症候群(IBS)を改善できるのか?
シェイプアップ乳酸菌は過敏性腸症候群(IBS)を改善できるのだろうか?ここではシェイプアップ乳酸菌と過敏性腸症候群(IBS)の関係性をご紹介しておりますので参照ください。