シェイプアップ乳酸菌 口臭

口臭の意外な関係性とは?

シェイプアップ乳酸菌,口臭

シェイプアップ乳酸菌を飲むことで、口臭はなくなりますか。口臭が気になる人にシェイプアップ乳酸菌はおすすめでしょうか。現代社会において「スメルハラスメント」と言われるほど、社会問題になりつつある口臭問題。

 

 

口臭が気になる人でシェイプアップ乳酸菌を飲んで、ニオイが消えたという例もあります。

 

 

家庭で、友人との会話で、職場の上司と、さまざまな場面で相手の「口臭」が気になったり、「自分の吐く息は臭くないだろうか」と自分の口臭が気になる方も多いようです。

 

 

1999年におこなわれた約3.3万人への調査(厚生省=現厚生労働省、保険福祉動向調査)では、調査対象者のうち約10パーセントのひとが、「口臭が気になる」と回答しました。

 

 

口臭の原因は複数考えられますが、大きく「口の中の問題」「胃の中の問題」「腸の中の問題」などに分類できます。
口の中=口腔(こうくう)内の問題が口臭の原因の9割にあたります。

 

 

口の中の問題が原因で発生する口臭には、臭いニオイの元となる揮発性硫黄化合物(メチルメルカプタン及びジメチルサルファイド、硫化水素)を、口のなかに潜む嫌気性細菌が生産することで発生します。

 

 

唾液、古くなった細胞或いは食べカス、血液などに含まれるタンパク質などを、嫌気性細菌が分解する際に生産されるのが、揮発性硫黄化合物です。

 

 

口のなかの口臭は、この揮発性硫黄化合物が原因であり、揮発性硫黄化合物が増える要因を解決することで、口臭が軽減できる可能性があります。揮発性硫黄化合物は「唾液を多くだすこと」「舌磨きをすること」「洗口剤を使うこと」などで予防ができます。

シェイプアップ乳酸菌,口臭

 

また「大きな虫歯」や「歯周病」「歯槽膿漏(しそうのうろう)」「歯垢(しこう)」「歯石」といった病気も、口臭の原因となります。歯周病や虫歯をきちんと治療すること、また「親知らず」の周りには細菌が溜まりやすいので、親知らずの抜歯をすることも口臭予防のひとつの手立てです。

 

 

口の中=口腔(こうくう)内の問題以外に考えられる口臭の原因として、胃や腸の不調も考えられます。

 

 

具体的には急性胃炎(きゅうせいいえん)」「急性胃炎(きゅうせいいえん)」「胃潰瘍(いかいよう)」「十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)」などの疾病です。

 

 

このような疾病症状以外にも「腸内環境の悪化」が原因により、強烈でしつこい口臭が引き起こる可能性もあります。これは「腸内口臭」とも呼ばれ、原因は腸の中の「悪玉菌」「善玉菌」のバランスがくずれることにあります。

 

 

これは菌交代と言うのですが、悪玉菌の数が善玉菌より増えることで、腸内にアンモニアといったガスが発生、それが悪臭の原因となります。菌交代を引き起こす例として「便秘」などがあげられます。

 

 

善玉菌を増やし腸内活動を活発化させることで、腸内口臭は改善できる可能性があります。シェイプアップ乳酸菌は300億個の乳酸菌が含まれ、きちんと腸に届くことで排便活動を促進。善玉菌の数も増やします。

 

 

シェイプアップ乳酸菌は特にこのような「胃や腸の不調」からくる口臭、この改善に効果が期待できそうです。

 

 

なんども歯を磨いても「口臭が消えない」とお悩みでしたら、いちどシェイプアップ乳酸菌で体内調整をしてみるのも、
ひとつの手立てです。

 

 

>>シェイプアップ乳酸菌の詳細はコチラから


関連ページ

シェイプアップ乳酸菌を飲んでも痩せない?
シェイプアップ乳酸菌は飲んでも痩せないって?なぜシェイプアップ乳酸菌で痩せないのかを解説いたしております。
ピロリ菌に効くってホントなの?
シェイプアップ乳酸菌はピロリ菌に効果が期待できるのでしょうか?シェイプアップ乳酸菌のピロリ菌への効果はこちらをご覧になってください。
便秘改善に期待できる?
シェイプアップ乳酸菌は便秘解消にも期待ができるのでしょうか?シェイプアップ乳酸菌と便秘の関係をここではご紹介しておりますので参考にしてみて下さい。
過敏性腸症候群(IBS)を改善できるのか?
シェイプアップ乳酸菌は過敏性腸症候群(IBS)を改善できるのだろうか?ここではシェイプアップ乳酸菌と過敏性腸症候群(IBS)の関係性をご紹介しておりますので参照ください。